Calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

集荷の時期を向かえ、一生懸命育てた、野菜や果実などの農作物がようやく実り出してくると、サルやイタチやアライグマやハクビシンなどが農作物を食い荒らして、毎年被害が出ています。
昔は、これらの動物は人を極端に恐れ、人目の付かない場所や夜遅くなってから、食べ物を求めて歩きまわるものでしたが、最近は飲食店や倉庫や公共施設、そして民家やビルにまでやってきて、徘徊します。

イタチやアライグマやハクビシン、この3つは、害獣駆除の依頼が多い、害獣です。
いずれも、昔は山間部の田舎などに多かったのですが、餌付けや山間部のエサの減少などにより、都市部に生活の拠点を移してきています。
アライグマやハクビシンは見た目が可愛いので、害獣という意識はあまり持っていないかも知れません。
しかし、年々、農作物の被害は拡大していて、せっかく収穫の時まで育てていた農家の方の落胆さがよくわかります。

イタチやアライグマやハクビシンなどの害獣駆除は、物音がしたと思ったら、すぐに害獣駆除をしなければなりません。
一旦巣を作ってしまうと、ずっと居座り、大切な家やビルが、これらの害獣のエサの残骸や糞尿で汚れてしまうからです。
残骸や糞尿で汚れは、カビや細菌の繁殖、ダニやノミ、そして多くの害虫を呼び込んでしまい、二次被害が拡大していきます。
また、イタチやアライグマやハクビシンは、縄張り意識が強く、巣に対してすごく敏感で、近づく人を襲う可能性があり、小さな子供が居ている家庭は、被害を心配してしまいます。

天井裏などで、変な音が仕出したら、害獣駆除依頼の合図だと思って下さい。

お勧め情報サイト

イタチの撃退を頼むならやっぱりプロでしょう!:害獣駆除110番
害獣駆除業者の口コミを辛口評価しているサイトはココ!|害獣駆除業者を徹底比較

ハクビシンの対策を検討しているなら専門家へ依頼しましょう。家の危険な状況から脱する為に対処をしてくれますよ。